• Message

生産技術という仕事に捉われることなく、『おもちゃ』の開発を提案しても、本気で聞いてくれる。

例えば、某アニメのロボットが使うビームが出るサーベルを開発できないかって、
本人は本気で考えていました。
あるとき、話し合いの中で冗談交じり(本人は真剣?)に言い出してみました。
そこから、いつの間にか熱中した話し合いに陥ってしまいましたね(笑)。
これも雑談だったのかもしれませんが・・・。

生産技術の仕事ですか?もちろん本業ですから楽しい、としておきましょう。
でもそれだけっていうのもね。
一度きりの人生ですから、色んなことに挑戦してみたい。
そう考えるのは、自由だと思うのです。
そんなみんなから出てくる色んなアイデアを固定概念に捉われることなく、
本気で取り入れようとしてくれるところが、エヌ・プランの良さでもあると私は思います。

そして、生産技術者としてのエヌ・プランでの働きやすさは
元々入社前も“汗水・鼻垂らして”生産技術者してましたので
よく分かります。

取引先としては、まず大手企業に厳選されているため
残業の規制等も自己管理は必要ですが、しっかり取引先からも管理されているので無理な時間まで
勤務することは前職に比べ圧倒的に少ないですね。
そして最先端のマシンを扱うことが出来たり、ノウハウを得たりできるのは興味をそそられます。
やりとりする相手担当者も一流の技術者ですからね。話をしてても、趣があると感じることは多々あります。

仕事として、生産技術者としての働き心地も確かに良い。
だけど私は、みんなで新しいことを考えて「夢の話」をしているときが一番楽しいです。
まだまだ形になっていることはないけれど、これから形に変えていくために頑張ろうと思っています。

自分から率先するのもヨシ、そしてみんなでアイディアを出し合って何かをやりはじめたいと考えるのもヨシ、
そう考える方にとって、エヌ・プランは最適な環境なのかもしれませんね。

世界に通用する
生産技術ノウハウをプロデュース

pagetop